はじめに

この記事は約3分で読めます。

このブログは、

今まで何となく生きてきた25歳が

これからの人生をどう生きるか考えて

実現させるための第一歩を踏み出す

ことを目的としています。


これは、今の私自身の目標でもあります。

実際に、25歳を前にして考え出した

  • 生きること
  • 働くこと
  • お金のこと

について、アイデアや実践した内容を発信しますので、同じように悩む同世代にとって何かのきっかけやヒントになれば幸いです。

悩める25歳

25歳くらいになると、多くの人が人生のターニングポイントを迎えるようなります。

仕事に慣れてきて心に余裕ができたり、お財布にもゆとりが出て選択肢が増えてくるからでしょうか。

私の周りでも、結婚や出産をしたり、一度仕事を休んだり、転職したりと、皆それぞれがまさに分岐点にいるなと感じます。

周りが次々と人生を決めていく中、私はステイホームしながら一人でいろいろなことを考えました。

思い返せば子どもの頃から、目に見えないレールの上を、がむしゃらに進んできました。

学校のテストで良い点を取って、少しでも偏差値の高い学校に入学して、周りと同じように就活をして、拾ってもらえた会社に就職しました。会社に入ることが、ゴールではなかったはずなのに。。

「自分の人生、このままでいいのかな・・・」


私だけかもしれませんが、25歳を前にしてそんな風に考えるようになりました。

人生は短い

人は、必ず死にます。(唐突にすみません)

それも、けっこう簡単に死にます。


私の父は、4月に病気がわかり、5月に死にました。その他にも事件や事故、突然死の可能性もあります。

生と死はいつも隣り合わせで、生きていれば必ず死が訪れます。

ですが、社会の中では「」というのは忌み嫌われるもので、縁起が悪いとか、お化けが怖いとか、あまり好んで話されるテーマではないですよね。だからあまり意識したことがない方が多いかもしれません。

そういう方は是非、ひすいこうたろうさんの『あした、死ぬかもよ?』を読んでみてください。

Amazon.co.jp: あした死ぬかもよ? 人生最後の日に笑って死ねる27の質問 名言セラピー eBook: ひすいこたろう: Kindleストア
Amazon.co.jp: あした死ぬかもよ? 人生最後の日に笑って死ねる27の質問 名言セラピー eBook: ひすいこたろう: Kindleストア


決して暗い話ではなく、前向きに「死」と向き合って、残りの人生をどう生きるか考えられる本です。
※最初の数ページを読んだところで、一回死ぬことになりますw


人生は短いとわかったとき、
あなたにとって一番大切なものは何でしょうか?
あるいは、どんな人生を生きたいですか?

どう生きるか?

私は、「大切なものを大切にする生き方がしたい」と思いました。

私にとって大切なものは、家族や友人など、自分を愛してくれる人たちです。

  • 日々、家族と時間が過ごせること
  • 友人とご飯に行って好きな話をすること


こういったことができる生き方をしていたいし、そのためにお金を稼ぎたいと思います。

そうなると家で仕事したいなとか、万が一に備えて経済的に自立していたいなと思い至りました。


皆さんはどうでしょうか?

  • 人生で大切なもの
  • やってみたいこと
  • 理想の暮らし


人それぞれあると思います。

またそれを実現させるためには、どんな生き方・働き方が良いでしょうか?

そして、どんな生き方をするにしても、お金の問題は切っても切り離せないと思います。

行動しよう!

ということで、本ブログでは、

  • これからの生き方を考えつつ、
  • 人生を自由に選択できるよう経済的に自立すること

を目指して、私が日々考えたことや、インプットした知識、行動記録などを発信していきます。

今同じように迷って、悩んでいる方にとって、少しでもプラスになれば幸いです。


自分の人生を生きるために、一緒に行動していきましょう!


最後までお読みいただきありがとうございました。

これからどうぞよろしくお願いします!

タイトルとURLをコピーしました